犬と上手につきあうためには

かわいい犬を見るとつい癒されてしまいます。しかし、実際に飼うとなるといろいろ大変なことも多いです。鳴き声が近所迷惑にならないように配慮したり、犬小屋を準備したりすることも必要ですし、何より犬が健康でいられるように、様々な注意をしてあげなくてはいけません。

犬の健康を保つために、とても大事なのが散歩です。悪天のときを除いてなるべく散歩させるようにしましょう。足腰が丈夫になります。あと何かいいことをしたら太らない程度におやつをあげましょう。犬はほめられるとわかるので、欲求不満がなくなって無駄吠えがなくなります。

ドッグフードもたくさんあってどれを選べばいいかわからないという人も多いでしょう。最近は犬の健康のことを考えた、機能的なエサも増えてきていますので、犬種や年齢、犬の体調に応じたものを選んであげてください。それでもよくわからないときは動物病院の医師に相談するのもいいでしょう。

今では室内飼いも一般的になってきましたが、やはり時には広い場所で自由に遊ばせたいものです。ですがマンション住まいなどでそんな場所はないという人はドッグランを利用してみるのはいかがでしょうか。
屋外で飼いたいという人は、犬小屋の場所を考えて設置しましょう。万が一ほえる声がうるさくてご近所とのトラブルにならないように、きちんとしつけることも犬のためには大切な事です。上手に周りともつきあって、人も犬も幸せに、長く一緒にすごせるようにしましょう。


Comments are closed here.